尾身伝吉さんの版画

719_2

4月28日(火)に、高円寺の猫の額さんに行った時に
見つけた、素敵ないっぴん♪
この猫の表情、菩薩さまみたいじゃないですか?
また、紫色といい、きらきら光ってたりで、神秘的~♪

「尾身伝吉さんという方だよ。とても有名な方だから、調べてみてね」
と、にっこり、猫の額の店主木村さん。
ありがとうございまーす!!!

で、調べてみたら、
「木版染め」というものもされているのですねー。
絹布木版画、麻布ステンシル、ラメを使うなどなど。。。。
ネットで検索したら、たくさん、でてきました!

ちてな、この猫さん、ほんとは、いつもお世話になってる作家さんに
お似合いだなと思って、プレゼントしよう! と買ったのです。

720_2

でも、家で、寝床に置いといたら、寝るとき、朝起きたときに
この絵を見るわけです。なんか、いい~(嬉*)
それで、ごそごそと空いてる額を探し出し、入れてみて、
アクセサリーとか飾ってる棚に飾ってみたら
(オーナーは、ここを「祭壇」と呼んでいるがw)
数日、見ているうちに・・・・

なんか、いいじゃな~い♪(喜*)

ごめんなさい、うちで楽しませてもらってます(f^-^;)

とても素敵なので、興味が湧いてきましたよ♪
また今度行った時、他の尾身さんの作品も
じっくり見直してみよう~っと♪

 

版画と言えば・・・


Nozomiさんの「ふんすいにて」

web上で、いってんもの絵画が測り売りで買える、「ART-Meter」さん。
たくさんの作家さんのいろんな絵が見れ、楽しいです。さながら、画廊。
実は、わたしも、こっそり隠れファンしてます。

そこで、数年前に、「Nozomiさん」という作家さんの絵に凄く魅かれました。
ふんすいの前で、背の高いめがねをかけた男性と、
横には反対にまるっこい頭の眼鏡かけた男性が本を読んでいる。
青い噴水の前で、男性の上着が紫色で、ズボンがピンク色というのが
すっごく引かれて、一目で好きになりました。
でも、その時は、ごめんなさい、お小遣いが足りず買えなかったんです(><;)

なので、Nozomiさんのサイトを、にこにこネットでリンクさせて頂いたんです。

それから、数年経って・・・。久しぶりに、ART-Meterさんを見たら、
その「ふんすいにて」の絵がまだ販売中で、価格が変更になってました!
こーれーーはーーー!!!今、買うしかないでしょ!!!!
もう気付いたら、購入してました(笑)

こうして、我が家にやってきた「ふんすいにて」。

691

もーねえ、ほんとーに、ほんとーーーに、

ほっぺが落ちそうなくらい、嬉しいでっす♪♪♪

692

今、わたしの部屋ではこんなかんじで飾ってます。
(ここしか飾る場所がないというか・・・(汗;))
すみません、まだ額装してませんで・・・。
いずれちゃんと額装したいと思ってます。
うーん。どんな額がいいのか、悩みます~♪

Nozomiさん、どうもありがとうございました(^0^)ノ☆


 ●NozomiさんのHP 
   nozomi’sfile  ⇒ http://www.eonet.ne.jp/~nozomi-color/

 ●ART-Meterさん ⇒ http://www.art-meter.com/

 


せいこさん、ありがとう

せいこさん。ちてなが、にこにこネットや、
web shopとてちてた(今のぽるる)をやるにあたって
前から好きで、お声がけした、お誘いした作家さん。
とってもやさしい絵を描く方で、今でも、すっごく好きです。

せいこさんには、しおりアートや、ポストカードや、
カレンダーなど、いろいろお世話になってきました。

にこにこネットで取材レポートを本格的にはじめる前、
まだ接骨院で待合室ギャラリーなどをやっていたときに、
せいこさんのイラストと、ちてなの詩でコラボ作品作りたいですね♪
って、ちてなから声をかけて、ちてなの詩を送って、
せいこさんにいろいろ絵のデータなども送っていただいたりしたのに、

取材などで忙しくて、落ち着いてできなくて、
いったん、ストップにさせてもらったコラボ企画。

せいこさん、今年の11月にHPをいったんお休みされると連絡を頂いて。
コラボ企画の原画を数点プレゼントで送ってくださいました。

中をあけてみた時に、いっきに泣けてきました。
お手紙も入っていて、ぽろぽろぽろぽろ泣けてきました。

わたしは、忙しさにかまけて、ずっとなにもしてこなかったのに。
せいこさんが、わたしの詩に描いて下さった、
貴重な時間をかけて、作りあげてくださった、作品。

「イラスト・せいこ/ポエム・ちてな」って
書いてくださっている、コラボ作品。

せいこさんのお気持ちが、嬉しくて、申し訳なくて、
ありがたくて、感謝の気持ちでいっぱい。

わたしは、この絵を、ちゃんと額装して飾ろう。
せいこさんが描いて下さった絵なんですって
ちゃんと皆さんにご紹介できるよう、
また、実際に展示して皆さんに見ていただける日が来るよう、
つとめようと思いました。

せいこさん、どうもありがとう。
実際に会ったことは無いけれど、この広い世界で、
インターネットでもイラストレーターさん、絵描きさんは、ほんとに多くて。
そのなかで、わたしは、今の活動を始める前、
まだなにも知らない時に、せいこさんに会えて、
いろいろ教えてもらって、ほんとうに嬉しかったし、
今までも今でもこれからも、いつでも、せいこさんのファンです。

またHPを再開されるときは、ご連絡くださいね。待ってます。

川村千夏さんの絵

2月13日(水)に、南青山にある、ギルド・アート・スペース游さんで開催された、
川村千夏さんの 水彩画展『「重奏」~森の響き~』に取材に行ってきました。
その時に記念に買ったのが、こちらの絵です!
「どこから来たの?」と書いてありましたが、
川村さんのお家によく来る猫ちゃんだそうです。
偶然、動かずじっとしていたので、そのときに描いたものだそうです。

とっても可愛くて、気に入っています♪
川村さん、どうもありがとうございます!(^0^)/☆

黒猫しゃん好きでふ*

銀座・ボザール・ミューさんで開催された、
米田民穂さんの個展『猫 or 猫』に行ってきました。
このとき、一目ぼれした黒猫さんです。

米田さんの猫ちゃんの絵は、とっても可愛くて欲しい額絵や
キーホルダーやマスコットなど、はふ~ん♪買いたい~い♪
なものが多く、かなり迷いましたが、やっぱり、最初に
「あ!」と思った、この絵にしました。(原画ではないです)

まっしろい額って、わたし買ったの初めてです。
でも、この黒猫ちゃんが、なんとも、憎めません。
「遊び行こうぜ。まだ?」みたいな(嬉*)
もしくは、「ただいまなのだ」みたいな(妄想*)

よく「黒猫って不気味じゃない?」と言われます。
え?そう?わたしには全然、よくわかりません。
黒い犬も黒い猫も大好きですから。
不気味とか不吉とか、黒猫しゃんに失礼でふよ(くーまん風*)

この黒猫ちゃんの渋い緑色のコートも好き。
そして、なんといっても、目の輝きが。

minoTaさんのコルクの額絵

世田谷233さんに行った時に、オーナーの中根さんに、
作家の「土屋実/minoTaさん」を、ご紹介頂きました。
名刺を拝見すると、「お茶処系創作家」と書いてあります。

233さんのボックスで御本を出されています。
233さん入ってすぐ左側の壁際のボックスにて。

雑貨や、絵も描かれているそうです。
こちらは、奥の、ギャラリー展示スペース脇側。

中でも、額縁をコルクにした、小さい絵がつぼにはまりました!
「額をコルクにするって、いいですね!」
「そうなんですよ、絵を描いても、額をどうしようか悩むんですよねえ」
コルクの額は、とっても可愛いし、なるほど・・・こういう手があったか!と
してやられた感200%!ですw
ミニコルク絵は、どれも可愛かったんですが、
物色中に「これ!いい!」と即決めしたのが、こちらの絵。

すごく、可愛い~♪水彩画だそうです。
収穫したいっぱいの野菜は恵みでしょうか。猫ちゃんの嬉しそうな顔♪
このコルクのねー!なんともいえない、はかない、
ふよふよな触り心地が・・・はむ!っとしたくなります(笑*)
minoTaさん、どうもありがとうございました~♪


minoTaさんのHP お茶処
 ↑こちらで、出版されている本のことなど、詳しくご紹介されてます~♪

せいこさんが描いてくれた♪

にこにこネットでお世話になっている、
とりぽっぽのみやもとせいこさん。
手作りはんこをお願いして、届いたお手紙を見てびっくり!

んきゃ~!!このキャラクターは、わたしが描いてるキャラなのです♪
せいこさんが、ちてな産きゃらを描いて下さった!!!
せいこさんが描くと、まるっこくて更に可愛い!
もう、この絵の通り、頭から、らぶり~はぁとまぁく飛んでしまいます♪
もうすっごく可愛くて嬉しい~♪♪せいこさん、ありがとうございます~(>▽<*)☆

↓ちてなが普段描いてるのは、こんなですからね(^^ゞ